学位論文

修士学位論文・特定課題研究報告書・博士学位論文についての情報です

大学院における学位論文には、修士学位論文・特定課題研究報告書と博士学位論文があります。
論文のほとんどは、その概要が専攻ホームページで公開されており、一部のものについては、同じく専攻ホームページで全文公開もされています。

社工コモンズセンターには、冊子体で保管されている論文もあり、学内者は社工コモンズセンターの開室時間内であれば、いつでも閲覧可能です。
論文の閲覧、複製に関しては、一部制限があります。
詳しくはコモンズセンターのスタッフ、もしくは、問い合わせWebページからお問い合わせ、または、閲覧依頼をお願い致します。

修士学位論文・特定課題研究報告書・博士学位論文についての情報です

博士学位論文

システム情報工学研究科
社会工学専攻

社会工学学位プログラム

筑波大学中央図書館で本文を公開しております。

社会システム・マネジメント専攻

筑波大学中央図書館で本文を公開しております。

社会工学研究科

筑波大学中央図書館で本文を公開しております。

修士学位論文・特定課題研究報告書

システム情報工学研究科
社会工学専攻

社会工学学位プログラム

サービス工学学位プログラム

本専攻は概要のみ公開しております。
本文閲覧ご希望の方は、こちらからご依頼ください。

社会システム工学専攻(一部、全文公開)2016年まで

本文閲覧ご希望の方は、こちらからご依頼ください。
※企業関係・個人情報にかかわる論文の場合は、不可

経営・政策科学専攻(一部、全文公開)2016年まで

経営・政策科学専攻「特定課題研究報告書」 2015年まで

本文閲覧ご希望の方は、こちらからご依頼ください。
※企業関係・個人情報にかかわる論文の場合は、不可

計量ファイナンス・マネジメント専攻 2007年まで

本文閲覧ご希望の方は、こちらからご依頼ください。

社会工学専攻に関わる大学院組織の沿革

1976年 独立修士課程の研究科として経営・政策科学研究科が発足する。
1978年 博士課程(5年一貫性)の研究科として社会工学研究科が発足する。計量計画学専攻、経営工学専攻、都市・地域計画学専攻の3専攻からなる。
1994年 社会工学研究科の都市・地域計画学専攻で連携大学院方式が発足する。
1997年 社会工学研究科の改編がなされ、社会経済システム専攻、システム情報数理専攻、都市・環境システム専攻、計量ファイナンス・マネジメント専攻の4専攻体制となる。
2000年 社会工学研究科は博士課程(5年一貫性)であるシステム情報工学研究科に編入され、社会システム工学専攻と計量ファイナンス・マネジメント専攻の2専攻に再編される。社会システム工学専攻は社会経済システム分野、システム情報数理分野、都市・環境システム分野の3分野で構成されることになる。
2005年 5年一貫性博士課程が区分制博士課程(2年の博士前期課程と3年の博士後期課程)に移行し、それに伴って、社会システム工学専攻と計量ファイナンス・マネジメント専攻はシステム情報工学研究科における博士前期課程の社会システム工学専攻と博士後期課程の社会システム・マネジメント専攻に再編される。このとき、入学定員は約2.5倍に増加した。また、博士前期課程の社会システム工学専攻は社会経済システム分野、システム情報数理分野、都市・環境システム分野、計量ファイナンス・マネジメント分野の4分野で構成されることになる。また、独立修士課程である経営・政策科学研究科が博士課程前期課程の一専攻としてシステム情報工学研究科に編入された。
2006年 博士課程前期課程となった社会システム工学専攻は社会経済システム分野、経営工学分野、都市計画分野の3分野に再構成された。
2014年 システム情報工学研究科における、社会工学関連の3専攻、博士後期課程社会システム・マネジメント専攻、博士前期課程社会システム工学専攻、博士前期課程経営・政策科学専攻が再編され、社会工学学位ログラム(博士前期課程・博士後期課程)、サービス工学学位プログラム(博士前期課程)の2つの学位プログラムをもつ、社会工学専攻に改組した。

学位論文

博士学位論文

修士学位論文

お問い合わせ